神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「不易照明」でまさかの廃盤

こんばんは研究生の酒井@昌平橋です。
最近仕事で気になったことがあったので投稿します。

LB56343.jpg

松下電工には「いつまでも変らない美しさ、余分な装飾がなく、自分にとって心地よいあかり」というコンセプトの「不易照明」という定番商品があります。特に陶器製の照明器具はリーズナブルな値段で、主張しないデザインだったので好んで使っていましたが、見積図面の質疑で「生産停止」になっているとの指摘をされてしまいました。今年の3月に竣工した物件にも使っていたのでビックリです。このような、定番商品が廃盤になってしまうとは悲しい限りです。

先日の建築塾の座学で都市史研究者の岡本哲志先生が興味深い話をされていたことを思い出しました。銀座の街に築100年を超える建物が少ないことに対して「フランスでは既存の建物を壊すのに理由がいるが、日本では既存の建物を残すのに理由が必要である」と。

日本を代表する電気メーカーが自ら「不易照明」とネーミングした商品さえも、廃盤になってしまうのも、同じ理由だと思います。そろそろ廃盤にする(壊す)理由をしっかりと議論してほしいものですね。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 23:48:55|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

断捨離を始めました

村上@さいたま です。

先週の木曜日から断捨離の修行を始めました。

断捨離って何?
仏教用語?
新興宗教の修行?
ダイエットの荒行?

いえいえ…

片付けて捨てる事です。
散らかっている物に対する未練を断ち切ります。

ゴールデンウイーク迄に毎日スーパーの袋1袋分ずつ捨てます!


断捨離のすすめ

テーマ:本日のオススメ - ジャンル:ブログ

  1. 2010/04/11(日) 23:09:54|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

問い直します。

楽しむというかね、
より良く(楽に?気持ちよく?幸せに?賢く?)生きられるための
「スイッチ」みたいなものというか。
家にもし、そういうものを求めるなら…という話。
私の場合は、自分の住まいにそういうスイッチがあると、うれしい。
そしてそれが私の場合は風呂場なのかな、と。

風呂場はけっこういいスイッチになるなあと思うのね、私。
言ってみれば、日常の隣にある禊(みそぎ)の空間というかね。
住宅内でのプチ「トリップ」というかね。
(子どもの頃は押入れの中だって「トリップ」先でしたよね?)
そういうのがあると、とくにどこか行ったり、
お金使ったりしなくても、気分転換できて、
ストレスフリーで暮らせるのではないかなぁ?と、
思ったりするわけです。
そもそも家というのが、風雨や寒さや獣など外敵という
いわば「物理的ストレス」から、
人を守るところから発生してきたとするならば、
さらに違う「ストレス」から人を救う方法を模索するのも
ひとつの進化の方向ではないか、、、と。

もちろん、「茶の間でテレビ」が
そのスイッチになるひともいるでしょうし、
書斎やホビールーム、ゆとりがあれば
離れや茶室がそれになるのかもわからないけど。。。
庭だって住まいのうちだから庭がなによりだという人もいるはず
(私自身、緑のない家には住めない)。

とにかく、お施主様に語る一般論はちょっとおいといて、
ここに集う皆さん《本人》《自身》はいかがかなぁ、
「住まい」というものにどんなことを求めていらっしゃるのかなぁ、
というのが、私としては聞きたいのよぉ~~~ん。

なわけで、引き続きコメント求む♪ 【“問い直します。”の続きを読む】
  1. 2006/04/12(水) 14:35:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主婦雑感&住宅に期待されること。

保育園の新学期が始まった。
担任の先生がおんなじで、
一番お気に入りの子が同じクラスなので、
子どもにとってはあまり変わり映えしない感じかも。
まぁ落ち着いてすごせればいいか。
春休み中は子どもの保育園の友だちが来たり、
私の幼馴染の家に遊びにいったり、
また別の幼馴染が子どもをつれて遊びに来たり、
短い休みながらも忙しく楽しくすごした。
そんなわけで仕事には少ししか行かなかった(母よスンマセン)。
【“主婦雑感&住宅に期待されること。”の続きを読む】
  1. 2006/04/10(月) 14:45:17|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

暮らしの手帖と自然と人生

来月4月9日までと残りわずかですが、世田谷文学館で『花森安治と「暮らしの手帖」展』というのをやっています。
http://www.setabun.or.jp/kurashinotecho.htm
行きたい方、くろだ宛にメールいただけたら招待券さしあげます。
そもそもの入場料が高くないのでそれほどありがたみはないかも、ですが。
先着3名さま。郵送もしくは手渡し相談可。遠慮なくどうぞ。

似た記事を続けてしまいますが、、、文学館から少し歩いた所に徳富盧花の暮らした住居もあって中も見れます。
http://www.tokyo-park.or.jp/kouen/park.cgi?id=74
隣接する時の止まったような資料館が渋くてよかった記憶が。。。(くろだ)

roka.jpg


  1. 2006/03/28(火) 23:34:32|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。