神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギザギザ柱の用途

蔵の柱

こんばんは研究生の酒井@神田川です。
神楽坂建築塾展2010 はじまりましたね!!

さて、本日の投稿は
坂橋さんの「 ARTS&CRAFTS 用の美」に登場した古材についての補足です。

発表会でギザギザの柱の用途は何??とのことだったので
今更かもしれませんが、、、

ギザギザの柱の使われていた写真をアップしました。
これは、所沢の蔵の解体現場の写真ですが
チェーンソーで壁を切った断面です。
ギザギザの柱があるの、わかりますでしょうか。

ギザギザの柱は、「蔵」の外部に面した柱です。
壁の下地となる竹がずれ落ちないように、柱に切り欠きを施します。
丁寧につくってあるのでなかなか壊れません。

ちなみにギザギザ面が2面ある場合は隅柱となります。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/20(土) 19:25:36|
  2. 修了制作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神楽坂建築塾展2010

神楽坂建築塾展2010
「旅と建築★大地に根づいた風景」
が始まります。
AG_kenchikujuku_300.jpg

本日18時から、ささやかにオープニングパーティ予定です。
このポスターは東西線神楽坂駅・中野方面ホーム・神楽坂口側に掲出されてます!(事務局・石井)
100319_k03.jpg
  1. 2010/03/19(金) 10:16:03|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひのノンフィクション

旧第一蚕室

研究生の酒井@外神田です。
日野市の旧蚕糸試験場でのイベントのお知らせです。
(神楽坂建築塾で後援していただいた「仲田の森遺産発見プロジェクト」の会場となった場所です)

「ひののんフィクション」は東京都日野市にある首都大学東京インダストリアルアートコースのアート&デザイン社会システムコアが中心となって2008年から開始された「サバービア東京プロジェクト」の企画です。東京文化発信プロジェクト事業「学生とアーティストによるアート交流プログラム」の一環として、日野市内にある自然体験広場を拠点にアート交流プログラムが展開されます。

「ひののんフィクション」では wah / 奥健祐+鈴木雄介 / 岡部昌生 の3組のアーティストによるアート企画がおこなわれます。その中の「岡部昌生 旧蚕糸試験場フロッタージュ・プロジェクト2010」の関連企画:シンポジウム「ここに蚕糸試験場があった」(日時:3月7日[日] 13:00-14:45)に旧蚕糸試験場の魅力を伝える活動をしてきた酒井がシンポジストの一人として参加します。

ブログでのお知らせが、遅くなりましたが、
明日お時間のある方は、是非日野まで足を運んで下さいませ。

写真はフロッタージュ・プロジェクト会場となる蚕糸試験場旧第一蚕室
詳細はこちらを御覧下さい。【ひのノンフィクション】

追伸:仲田の森遺産発見プロジェクトトウキョウ建築コレクション2010でパネル展示されています。
こちらも、明日3/7まででした、、、代官山ヒルサイドテラスです!!
  1. 2010/03/06(土) 19:09:42|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。