神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神岡鉱山旭ケ丘住宅の最期 <宮原@飛騨> 

asahigaoka.jpg
こんにちは、2~3期生の宮原@飛騨です。飛騨からの話題です。スーパーカミオカンデで有名な神岡鉱山、昭和の時代には三井金属が隆盛を誇った大鉱山ですが、昭和40年代後半から時代の流れにそってリストラをすすめ、経営は神岡鉱業に移り、今は採掘はせず輸入鉱石の精錬のみになっています。

神岡の町も人口はどんどん減って居ますが、昭和の手づくりの町並みの佇まいが今なお色濃く残り、かつての繁栄の面影、鉱山城下町の雰囲気や奥飛騨の風土と相まってなかなか魅力的な町なんです。ぜひ一度町歩きに来てみて下さい。
さてその神岡鉱山の社宅(たぶん昭和30年代くらいに建てられたもの)がついに最期を迎えようとしています。今頃になって報告・・・遅くてゴメンなさい。壊される前はまるで昭和30年
代のテーマパークのようでしたが。もう九割方は消えてしまいました。あとはしっこの方のわずかの棟を残すのみとなっています。

昨日のスケッチです。私のブログ「K絵日記」の方にも載っています。去年も旭ケ丘住宅は描いています。ブログのアーカイブからどうぞ。
  1. 2005/04/10(日) 10:48:32|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kjblog.blog6.fc2.com/tb.php/11-341efca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。