神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

建築塾事務局通信☆修了制作編【2010.1.21追記】

2010.1.21日付が間違ってましたので追記しました。申し訳ございません。(事務局)
神楽坂建築塾 塾生各位


師走の忙しい時期となりましたが皆様お元気でしょうか。
さて、修了制作・論文の準備は各自進めていると思いますが相談会の際に出た疑問質問、出なかったけど聞きたいんじゃないかという項目(事務局で勝手にセレクト)をまとめてみましたので参考までに書き込みします。

☆修了制作 いまのうちから やると楽(字余り)


Q and A
【制作物について】


Q・何をつくったらいいのですか?
A-1・作品または論文を提出していただきます。過去の作品は神楽坂建築塾のWEB上で公開していますので参考にしてください。

A-2・森本さん(=モリヒロさん)は、「開口部が気になる」とのこと、過去の作品「柱間装置、再考」 -間取りと建具の種類-をご参考までに(時森塾頭)



Q・作品の大きさはどのくらいまで大丈夫ですか?
A・壁面に貼るパネルやポスター等の平面作品はA1サイズ (594×841mm)まで、立体作品は平面でA3サイズ(420×297mm)程度、論文は1万2千字以内が基準です。


Q・自分のWEB等で提出前に発表してもいいですか?
A・はい、構いません。神楽坂建築塾の塾生ブログを利用してもよいでしょう。参考に塾長・鈴木喜一がアップしています。

※ただ、提出形態は「制作物」または「論文」ですので注意してください。


Q・塾生ブログの使い方がイマイチわかりません。
A・記事の投稿については、「記事の投稿と管理について」をご覧ください。

このなかで、

・投稿希望者はMail(担当:酒井)にてブログのIDとパスワードを取得し、直接記事の投稿を行ってください。

と、なっておりますがブログのIDとパスワードは11期最初の御連絡でお伝えしてありますので、塾生のみなさんはログインすることができます。(わからなくなったら事務局にお問合せください)
ログイン後、画面左側の上の方にある「新しく記事を書く」という項目をクリック
→記事が書けます。
☆第11期修了制作を書き込む場合は「タイトル/お名前」の順でタイトル入力し本文中に内容を書き込みしてください。カテゴリを「第11期修了制作・論文」にするのを忘れずに!


Q・何人かのグループで修了制作をつくってもいいですか?
A・はい。面白そうですね。


Q・タイトルが決まったら連絡した方がいいですか?
A・はい。建築塾のホームページ上で随時更新中ですので決まった方はメールでご連絡ください。




【発表会について】

Q・発表時に使用できるデータは何ですか?
A・基本的にJPG画像でお願いします。画像の名前は「001.jpg、002.jpg」という形にしてください。
※「1.jpg、2.jpg」という名前のつけ方だと発表の際、番号順に並びませんので注意してください。

パワーポイントを使用しても構いませんが、こちらで用意できる機材がmacですのでウインドウズで作成したパワーポイントの場合、使用する文字種によってレイアウト崩れがおこる場合があります。(MSゴシック、MS明朝は大丈夫)
また、事務局のパワーポイントはバージョンが「10.1.9」です。 「2007」で作成したものでもファイルコンバータにより対応しますが、予期せぬ不具合が出る場合もありますので予め御了承ください。


Q・修了制作の提出日と発表会で使用するデータの提出日を教えてください。
A・修了制作・論文の提出は2月28日に神楽坂建築塾事務局必着です。(持ち込み可)
発表会で使用するデータは、発表の前々日(3/18木曜日(1/21追記:3/13(土)が発表日なので3/11(木)でした)までに事務局までメールでご送付ください。


Q・発表会はいつ?発表順は決まっていますか?
A・2010年の3月講座・3/1213(土)、通常より30分早い18:00から開始します。発表は五十音順です。
また優秀作品、ではなく提出された全ての作品は2010年3月19日(金)~24日(水)アユミギャラリー+高橋ビルB2にて行われる「神楽坂建築塾展」に展示予定です。



Q・いろいろな賞があると聞きました。
A・優秀な作品には鈴木喜一賞・保坂陽一郎賞・齊藤祐子賞・岸成行賞・青山恭之賞などの各賞が授与されます。
皆さん頑張ってください。


Q・発表したら修了証書をもらえるのですか?
A・一年の出席が半数以上で修了制作を発表した塾生に「修了証書」を 授与しています。研究生は鈴木喜一のスケッチ付き!修了証書です。出席回数があやしいな、あと何回講座に出席したらいいのだろう?という方は事務局にこっそりお問い合わせください。



☆その他、ご質問ご相談は神楽坂建築塾事務局まで!
ーーーーーーーーーーーーーーー
神楽坂建築塾事務局・石井瑞穂
〒162-0805 東京都新宿区矢来町114
  1. 2009/12/25(金) 11:57:01|
  2. 第11期修了制作・論文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kjblog.blog6.fc2.com/tb.php/141-2b632ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。