神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

建築基準法等「改正」論議

平野様 つくばでの活動、着実に進んでいますね。うまく行政と繋がっているようで、ここでの蓄積は他の地域でも参考になりそうです。

ところで、ご存知のように、耐震強度偽装事件を契機に建築基準法等の「改正」論議が進んでいます。
16日に、神楽坂のまちづくりNPO法人のメンバーでもある弁護士の方が、国会の国土交通委員会で意見陳述・質疑をされました。その一部始終がウェブ上にアップされています。
興味のある方はごらんください。〈渡邉義孝〉
出席者は
・建築士会連合会/宮本忠長会長
・日本建築家協会会長/
・弁護士/日置雅晴氏
・もう一人

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=30594&media_type=wb&lang=j&spkid=13807&time=00:38:32.9

印象としては、「クライアントからカネをもらう民間確認検査機関が、クライアントの申請を断ることはできない。それをもたらした規制緩和に問題の根がある」というのは一人だけで、残りの方は「一人ひとりの倫理が……」とか「わが団体に入会させることで質の向上を……」といった主張を展開。
与党議員も「(規制緩和に原因があったとしても)角を矯めて牛を殺すことがないように……」といっていたのには苦笑でした。

こういうレベルの論議で「基準」法が改変されていくのか、と思うと絶望的な気持ちになります。
まあ、流れとしては、中間検査・完了検査の厳格化は避けられないようですね。
  1. 2006/05/16(火) 23:01:39|
  2. 建築
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kjblog.blog6.fc2.com/tb.php/44-2835acfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

建築基準法建築基準法(けんちくきじゅんほう;昭和25年5月24日法律第201号)は日本の法律。この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする(第1条).wi
  1. 2007/08/08(水) 09:27:46 |
  2. 『建築』information

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。