神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

倉敷便り

建築塾1期生&2~3期元スタッフのヨネです。
はじめまして&お久しぶりです。
昨日、このブログの存在を知ってさっそく参加させてもらいます。
早いもので神楽坂から倉敷に移り住み、気付けば5年も経ってしまいました。只今倉敷の楢村徹設計室に勤務中です。建築塾の講師でもあるので楢村さんをご存知の方は多いかもしれませんね。
さて、その楢村徹が今年4月から「倉敷再生塾」というものを立ち上げ、主に倉敷市民の若者23人を塾生に月に一回のペースで倉敷での座学とフィールドワークを行っています。
開設主旨はこちら
http://www2.kct.ne.jp/~nrmr/announce.html

20060728161629.jpg

▲5月のフィールドワークの様子

このブログで、倉敷再生塾や倉敷の建築、催しもの等
いろいろお知らせしたいと思っています。
こんな形で神楽坂建築塾が繋がり、広がっていること、
わくわくしますね。<一期生:ヨネ>
  1. 2006/07/28(金) 16:44:20|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

ヨネさんお久しぶりです。
「倉敷再生塾」のサイト見ましたよ。

再生をキイワードに将来の倉敷のまちづくりを担っていく人材を育てることが塾の趣旨のようで、まさに地域密着型の塾ですね。
資格は問わないのに、年齢制限が35才以下となっているでは~。
「若い人材を育成するんだ!!」という意気込みを感じますね。

神楽坂建築塾の方は最近では年齢制限自体がなくなったのかな?
塾の今年のテーマは「風土と住まいと形」でしたっけ。
改めて確認したけど、なんて捕らえどころのないテーマなんだろう。
何でも有りのようで、何をどうしたらいいのやら。。。

まあ、生活の中でのんびりと、真面目に建築を考えいけばいいといったところでしょうかね。

そういえば先日の「モダニズム建築」の講演会を聞いた時に、なんとなく気になったこと

「そもそもモダニズムって何?」

表面的に見れば「風土と住まいと形」とは逆行する形態のような気もするが、すでにどっぷり浸かってしまっているとするならば、それもまた住まいの形かな。

コメント書いていたハズなのに、いつの間にか勝手な内容になってしまいました。。。。

ヨネさん、倉敷情報また投稿してくださいね。
楽しみにしています。
  1. 2006/07/29(土) 00:34:44 |
  2. URL |
  3. サカイ@音羽 #qmlWd.C.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kjblog.blog6.fc2.com/tb.php/61-c39bb8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。