神楽坂建築塾・塾生ブログ

塾生・研究生・修了生のウェブサロン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5/15 神楽坂で後藤治氏講演

みなさん、こんにちは。渡邉義孝です。
修了制作展をめぐっての書き込み、ありがとうございます。
さて、神楽坂建築塾で講師もされた、工学院大学の後藤治教授(元文化庁で登録文化財制度を立ち上げた方)が、5月15日(火)19時から、神楽坂で「歴史的景観と防災」をテーマに講演されます。NPO法人のサイトからの転載です。
NPO法人粋なまちづくり倶楽部主催
第4回 神楽坂・ 粋な住まいと建築塾
「粋な路地のまち・神楽坂の風情を残す防災対策のあり方を考える!」
 ~粋な風情を残しつつ火災に強いまちをつくる方策は可能である~
********************************************************
「全ての路地のまちは、火災や災害に弱い。対策するには道を広げて
コンクリートのビルに全て建て替えなければならない。」
これがこれまでの旧い防災の考え方です。しかし、阪神淡路大震災以後の
防災研究では、この見方があまりに一方的で、まちやコミュニティの特徴や
実態を考慮していないものであることが分かってきました。
失火は、どんなまちでも、どんな建物でも起こりうる偶発的な出来事です。
むしろ、まちとしては、この偶発的な事態にどう備え、万一の時には即時に
どう対応していくことができるかという点が、極めて重要な対策課題と言えます。
前回は、3月の火災の状況を、火災や防災の専門家も加わって、幅広い
視点から、客観的に討論しました。
今回は、さらに、歴史的界隈における防災についてお詳しい後藤治先生
(工学院大学)をお招きし、路地のまち、街の風情の保全と共存する防災の
あり方について、制度や法律も交えて議論してみたいと思います。
皆様、奮ってご参加下さい。
--------------------------------------------------------
■開 催 日 :2007年5月15日(火) 19時から21時
■開催場所:神楽坂通り商店会事務所
         神楽坂3丁目2
         東新神楽坂エミネンス6階
■募集人員:約20名
■参 加 費 :1000円  但し、運営協力費として
■主  催 :NPO法人粋なまちづくり倶楽部
■協  賛 :神楽坂まちづくりの会

※お問合せ、お申込み:電話03-3260-6260
        NPO法人 粋なまちづくり倶楽部事務局
        東京都新宿区西五軒町3-18-103
        (担当:山下馨 ikimachi@syoutengai-web.net)
        http://ikimachi.net/
  1. 2007/05/06(日) 18:54:32|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kjblog.blog6.fc2.com/tb.php/85-83c0158f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。